蛇口の修理を水道業者に依頼するタイミング

キッチンや洗面所、浴室など家庭内には蛇口が複数取り付けられているはずです。水道業者への相談事例で多く見られるのが、不具合が発生した場合修理すべきか、思い切って蛇口 交換すべきかという案件です。交換となると面倒であるため、できれば修理の方がいいと思う方は多いかもしれません。しかし以下のような症状が発生していれば、交換も視野に入れるといいでしょう。

■水漏れが発生している

蛇口に関するトラブルで水道業者に依頼することが多いのは、周辺で水漏れが発生しているケースです。このような症状は、簡単な修理で済む場合と交換が必要な場合があります。例えばナットが緩んでいる、中のパッキンが劣化している場合は素人でも対処できる可能性があります。ナットを締めるのは工具があればできますし、パッキンもホームセンターで販売しているので自分で取り換えることができます。しかしこのような処置をしても好転しない場合、本体そのものを交換したほうがいいです。また、取り付け部分から水が漏れている場合も、修理ではなく交換してしまった方が抜本的な問題解決できる確率は高いです。

■レバーの動きがおかしい

以前と比較してレバーをひねるときに硬さを感じるようになった、どうもひねりにくくなったと感じることもあります。このような症状に心当たりがあれば、本体がだいぶ劣化しているのでしょう。この場合、例えば油を指すことでレバーの動きが良くなることはあります。しかし特に10年以上同じものを使い続けていれば、本体は寿命に差し掛かっていると推測したほうがいいです。一部分の修理をしたところで、すぐにまた不具合を起こすかもしれません。ならば本体そのものを新しいものと交換する選択肢も出てきます。その他にもきちんと閉めているにもかかわらず、水がポタポタ漏れ出てくる場合も早めの対応が求められると考えるべきです。

■まとめ
普段何気なく使用している蛇口も、経年劣化を起こすものです。そのため、徐々に使いづらくなる、水漏れが発生することも十分考えられます。ナットのゆるみや内部のパッキンの劣化など軽微なトラブルであれば、自分で交換できるかもしれません。しかし長年使っているものであれば、本体そのものを思い切って交換した方がいいこともあります。もし蛇口で何らかの問題が起きているようであれば、一度水道工事業者に見てもらうことをおすすめします。そして修理で大丈夫か、交換すべきか、専門家のアドバイスをもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ