給湯器で水漏れがあれば水道業者に修理依頼を

現在ではほとんどの家庭に給湯器が備え付けられています。普段何気なく使っているかもしれませんが、ある日突然給湯器が故障することも考えられます。この場合、速やかに水道工事業者を呼んで給湯器 修理をお願いしたほうがいいです。給湯器の修理は専門性が高く素人が行うことは難しいですが、ここではその理由についてまとめました。

■1年通じて欠かせない存在

給湯器といえば、主に冬場の寒い時期に使用するイメージがある設備です。しかし実際にはシーズン関係なく、1年を通じてほぼ使用しています。春先や秋口の日中は暖かくても明け方や夜間は結構冷え込む日も少なくありません。夏場もシャワーを浴びる際に、真水はやはり厳しいです。このように年間通じてコンスタントに使用する存在であるため、故障して使えないと大きな支障をきたします。完全に使えなくなる前に湯温が安定しない、異音がするなどの、壊れる前兆のような症状が出ることもあります。このような変化を気にしながら早目にメンテナンスなどの対処を水道工事業者に依頼すれば、快適に給湯器を使用し続けられます。

■実はそのままにしていると危険な場合も

何か気になる症状が出ているが、そのまま使用し続けている人も多いです。気にはなるけれどもお湯は出ているから問題ないだろう、業者を呼ぶのが面倒など、いろいろ理由はあります。しかし特に水漏れの場合、どこで起きているかによってそのまま放置していると危険なケースも出てきます。給湯器はガスを使い燃焼させることで、熱を発生させています。もし水漏れがこのガス機器の近くで発生していると、不完全燃焼を引き起こすリスクが高まります。その結果、一酸化炭素とという有毒な物質がどんどん生成されかねません。しかも水漏れを放置した結果、別のところも傷んでしまって本来修理すれば何とかなったにもかかわらず、本体を交換することになってしまう恐れも出てきます。被害が広がればその分修理料金も大きくなってくるため、早めの対処が必要です。

■まとめ
給湯器は日常的に使うことを想定して耐久性を強めています。このため何年使い続けてもトラブルが発生しにくいです。しかし長年使えば、それだけ劣化も進みます。その結果、いろいろな症状が出てくることも十分考えられます。そのまま使い続けると、一酸化炭素中毒などのリスクも発生するため、異変に気付いたら早めに水道業者を呼んで専門家に点検してもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ