台所のトラブルで水道修理が必要な場合

台所は暮らしていく上で大事な設備です。水道業者に持ち込まれる相談事例の中には、この台所のトラブルも少なくありません。具体的にどのようなところを修理する場合が多いか、箇所別にみてみるといくつか代表的なスポットがあります。トラブルの発生しやすい場所がわかれば、普段から注意することもできます。できるだけトラブルを起こさないように心がけて台所を使用しましょう。

■水回りで多い蛇口のトラブル

台所でトラブルが起こりやすい場所の代表格は、蛇口です。普段荒っぽく使用していたり、適切なメンテナンスを行っていなかったりすると水漏れが起こりやすくなります。一般家庭で使用されている蛇口を見ると、ハンドル混合水栓と呼ばれる2つのハンドルを回す方式とシングルレバー混合水栓という1つのレバーを使用するタイプに大別できます。いずれもシンプルな構造をしているため、パッキン交換などであれば、素人でもDIYの延長線上で修理が可能です。ただし自分で作業する際には、水の流れの大本である止水栓を止めたうえで作業をするように心がけましょう。しかし、10年以上使用している場合、全体的にに寿命が来ている可能性が高いです。この場合は水道業者を呼んで交換を依頼するべきです。

■排水ホースでのつまり

排水溝の流れが悪く、いつまで経ってもシンクに水が溜まったままになっている場合、ホースのどこかで詰まりが発生している可能性が高いです。水回りの中でも台所でこのようなつまりトラブルが発生するリスクは高いです。なでなら、固形物を流す機会が多いからです。例えば食べかすや野菜かすなどを皿洗いなどをしているときにうっかり排水溝に流してしまうことも起こります。また調理で使用した油をそのまま排水溝に排出している方もいるでしょう。油がホースの内部で塊になってこびりつくこともあり、水の流れをせき止めてしまうこともあります。固形物などを処分する際にはビニール袋などに入れて、ごみとして処分しましょう。パイプクリーナーなどを使って問題解決できないようであれば、水道工事業者に修理依頼をしなければなりません。

■まとめ
蛇口のトラブルが台所で起こる場合も多いです。しかしその他にも排水系のどこかで詰まりが起きて、水の流れがスムーズにいかないことも起こります。パッキン交換やパイプクリーナーなど自分で対処できるものもありますが、それだけでは解決しない、自信がないのであれば業者を呼んでどうすればいいか、修理内容の説明を受けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ