業者を呼んで安心しないで!水道修理の後にやるべきこと

業者を呼んで安心しないで!水道修理の後にやるべきこと 頻繁には起こらないかもしれませんが、水漏れをはじめとした水回りのトラブルはしばしば起こります。長年使用し続けていると、どうしてもパーツなどが劣化を起こすため、発生リスクも高まります。自分で修理できるような軽微なトラブルから業者を呼ばなければならないケースまで、いろいろとあります。プロの水道業者を呼べば、確実に水道 修理できるでしょう。しかし、問題解決して一安心となってしまいがちです。修理が終わった後もやるべきことがいくつかあります。結構忘れがちなこともあるので、平時から頭に入れておいて損はないです。ここでは、アフターケアとして、どのようなことをしなければならないかについてまとめました。

■保険金請求について

火災保険に加入している家庭は多いです。特に賃貸を借りている人の場合、火災保険の加入は契約上義務付けられるのが一般的です。火災保険といわれると、火事のための保障というイメージがあるかもしれません。しかし実際には住まいの総合保険ともいえるような幅広い問題に対応しています。地震や強風なども含まれていますし、水漏れも補償対象としている保険商品は多いです。水道設備の修理費用については対象外のことが多いですが、例えば水漏れによって床材や家具などがやられてしまった場合、給付金を受け取れる可能性があります。もし水回り以外のところで何らかの損害が発生しているのなら、加入している保険の内容を確認した上で申請手続きも忘れずに進めておきましょう。保証を受けられるかどうかは、約款に記載されているはずです。同じ商品でも複数コースが用意されていて、対象範囲が大きく異なることもあるので注意が必要です。

■水漏れの範囲が広かった場合の対処
水漏れの勢いが激しい場合や配管の亀裂などのトラブルが起きると床下にまで被害範囲の広がってしまうこともあり得ます。床材が湿ってしまい、その状態で放置してしまうと腐食を起こす可能性があります。その他にもシロアリに代表されるような湿気を好む害虫が巣を作ってしまい、繁殖するかもしれません。シロアリが繁殖すると床材の劣化を進め、住宅の強度を弱体化する恐れもでてきます。そのほかにもカビが繁殖することで異臭が起きる、ハウスダストなどが発症することもあり得ます。水漏れはこのように直接的な影響だけでなく、2次被害の発生を誘発することも考えられます。

■乾燥除菌をすることが大事

もし床材まで湿ってしまうような深刻な水漏れを起こしたのであれば、乾燥除菌をしておいた方がいいです。乾燥除菌とは、木材の乾燥や除菌を行う作業のことです。水漏れ被害だけでなく、雨漏りによって建材が湿った時の対策として行われることも少なくありません。乾燥除菌は専用の機材を使って行う作業です。このため、素人が行えるような代物ではないです。ハウスクリーニング業者をはじめとして専門業者に依頼しましょう。

■まとめ
水漏れなどのトラブルが発生すると、どうしたらいいかわからずパニックになってしまう人もいます。しかも水漏れは放置するとどんどん被害が拡大してしまうので、冷静さを失ってしまいがちです。まずは水道工事専門の業者に来てもらって、修理を依頼することです。業者にお願いするとなると、費用をどう負担するかと考えがちです。しかし火災保険を利用すれば、水道工事の代金をいくらか取り戻せます。そして床材に影響が出た場合、木造住宅の多い日本家屋だと2次被害のリスクも考えなければなりません。どうしても水漏れの症状が治まるとすべて問題が解決したような気になってしまいがちです。しかしその後もいろいろとやらなければならないことのある点は、常に頭に入れておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース